祇園祭

祇園祭

豪壮かつ華麗な祇園祭は、千百年の伝統を有する八坂神社の祭礼です。
古くは、祇園御霊会(ごりょうえ)と呼ばれ、貞観11年(869)に京の都をはじめ日本各地に疫病が流行したとき、平安京の広大な庭園であった神泉苑に、当時の国の数66ヶ国にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神を祀り、さらに神輿を送って、災厄の除去を祈ったことにはじまります。
祇園祭は、7月1日の「吉符入」にはじまり、31日の境内摂社「疫神社夏越祭」で幕を閉じるまで、1ヶ月にわたって各種の神事・行事がくり広げられます。

「蘇民将来子孫也」の護符

蘇民将来子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)
八坂神社御祭神、スサノヲノミコト(素戔嗚尊)が南海に旅をされた時、一夜の宿を請うたスサノヲノミコトを、蘇民将来は粟で作った食事で厚くもてなしました。蘇民将来の真心を喜ばれたスサノヲノミコトは、疫病流行の際「蘇民将来子孫也」と記した護符を持つ者は、疫病より免れしめると約束されました。
その故事にちなみ、祇園祭では、「蘇民将来子孫也」の護符を身につけて祭りに奉仕します。
また7月31日には、蘇民将来をお祀りする、八坂神社境内「疫神社」において「夏越祭」が行われ、「茅之輪守」(「蘇民将来子孫也」護符)と「粟餅」を社前で授与いたします。
このお祭をもって一ヶ月間の祇園祭も幕を閉じます。

祇園祭の由来

祇園祭は貞観年中(859~877)京の都に疫病が流行したとき、勅を奉じて神泉苑に66本の鉾を立てて祇園の神を迎えて祭り、洛中の男児が祇園社の神輿を神泉苑に送って厄災の除去を祈ったのに由来し、平安時代の中頃からは規模も大きくなり、空車、田楽、猿楽等も加わって盛んな賑わいを見せてきました。

室町時代になると町々の特色ある山鉾のあったことが『祇園社記』に記されています。応仁の乱(1467)で都は灰燼に帰し、祇園祭も中絶しましたが、明応9年(1500)には復活、その時より山鉾巡行の順位を決める鬮取式が侍所で行われることになりました。以後、町衆の努力により山鉾の装飾にも贅を尽くすようになり、近世には度々の火災で多数の山鉾が消失しましたが、その都度、町衆の心意気によって再興し、今日に至っています。

  • 祇園祭地図

祇園祭の行事予定

日時 行事 内容説明 主催 場所
7月1日~5日 吉符入 各町に於いて祭礼奉仕の決定。神事の打ち合わせを行う。 各山鉾町 各山鉾町
1日
午前10時
長刀鉾町お千度 町内役員がその年の稚児・禿を伴い神事の無事を祈り、八坂神社に参拝。 長刀鉾町 八坂神社
2日
午前10時
鬮取式 17・24日の山鉾巡行の順位を決める為、各山鉾町代表者が参集し、市長立会のもと鬮をとる。 清々講社 市役所
2日
午前11時30分
山鉾連合会社参 各山鉾町代表者が、神事の無事を祈り八坂神社に参拝。 各山鉾町 八坂神社
7日
午後2時30分
綾傘鉾稚児社参 綾傘鉾の稚児が町内役員と共に神事の無事を祈り八坂神社に参拝。 綾傘鉾町 八坂神社
10日~13日 鉾建(前祭) 各鉾町それぞれに鉾の組立にかかる。 各鉾町 各鉾町
10日
午前10時
幣切 長刀鉾町の神事に必要な各種御幣を八坂神社の神職が奉製する。 長刀鉾町 長刀鉾町
10日
午前10時
神用水清祓式 神輿洗に使用する神事用の水を鴨川から汲み上げお祓いする。 宮本組 宮川(鴨川)堤
10日
午前11時
高橋町社参 町内役員が神事の無事斎行を祈り八坂神社に参拝。 高橋町 八坂神社
10日
午後4時30分
~9時
お迎提灯 万灯会員有志が提灯行列を整え清々館より所定のコースを経て本社に戻り、神輿洗の神輿を迎える。
コース:本社→河原町四条→市役所→寺町通→四条通→東大路→神幸道→本社
祇園万灯会 氏子区内
10日
午後8時
神輿洗式 午後6時奉告祭斎行後、神輿三基の内二基を舞殿に据え内一基(中御座)を舁き、列の前後に松明を点じ四条大橋に至り、四条大橋上で神輿を清める。午後8時30分頃本社に還って後三基の神輿を飾りつける。今夕より境内の吊提灯に火を入れる。 八坂神社
宮本組
清々講社
四条大橋
12日~13日 鉾曳初(前祭) 各鉾町の人々が囃子を奏しつつ夫々の町内のみ鉾を曳く。 各鉾町 各鉾町
12日~14日 山建(前祭) 各山町それぞれに山の組立にかかる。 各山町 各山町
13日~15日 舁初(前祭) 各山町の人々が夫々の町内のみ山を舁く。 各山町 各山町
13日
午前11時
長刀鉾稚児社参 鉾の町内には祭の稚児の当番が定められていたが、現在では長刀鉾以外では人形が用いられている。長刀鉾稚児は立烏帽子水干姿で従者を伴い騎馬にて八坂神社に詣でる。俗にお位もらいともいう。
17日の巡行迄、身を慎み、巡行当日は長刀鉾正面に乗り太平の舞を舞う。
長刀鉾町 八坂神社
13日
午後2時
久世稚児社参 17日神幸祭、24日の還幸祭に供奉する久世稚児(駒形稚児)の社参が行われる。 久世町 八坂神社
14日~16日
夕刻より
宵山(前祭) 各山鉾町にて山鉾を飾り、祇園囃子を奏でる。家宝什器、屏風等を美しく飾る家もあり、町内雑踏し祇園祭情緒が祇園囃子の音と共にもり上がる。 各山鉾町 各山鉾町
15日
午前4時30分
斎竹建 山鉾巡行当日には長刀鉾稚児が太刀にて斎竹に張られた注連縄をきる。 高橋町 四条麩屋町
15日
午前10時
生間流式庖丁 日本式庖丁道生間流に依る式庖丁が奉納される。 日本式庖丁道
生間流
八坂神社
15日
午後3時
伝統芸能奉納 祇園祭に各種の伝統芸能を奉納する。 日本伝統芸能団 八坂神社
15日
午後8時
宵宮祭 境内の灯を消し浄闇の内に舞殿に奉安の神輿に御神霊を遷し奉る。 八坂神社 八坂神社
16日
午前9時
献茶祭 表千家・裏千家家元が隔年での奉仕。
拝服席及び副席・協賛席が設けられる。
祇園祭献茶会 八坂神社
16日
午前9時
豊園泉正寺榊建 古来、各町内の榊奉斎行列が全神輿に供奉した記録があり、現存する一つである。平成4年7月から神輿の神幸列を前行する形で、中御座神輿の前を供奉することになった。 豊園泉正寺
榊奉賛会
東洞院仏光寺
東入ル
16日
午後6時30分
石見神楽 素戔嗚尊が八岐の大蛇を退治し天の村雲の剣を得る舞が奉納される。 京都島根県人会
島根奉賛会
八坂神社
16日
夕刻より
宵宮神賑
奉納行事
石段下四条通に於いて各種芸能奉納行事が行われる。 八坂神社 八坂神社
石段下
16日
午後11時
日和神楽 翌日の山鉾巡行の晴天を祈念し、各山鉾町の囃子方が町家から四条御旅所の間を往復する間、祇園囃子を奏する。長刀鉾は所定のコースを通り八坂神社にて囃子を奉納する。 各山鉾町 御旅所
八坂神社
17日~21日 山・鉾建
(後祭)
各山鉾町それぞれに山・鉾の組立にかかる。 各山鉾町 各山鉾町
17日
午前9時
山鉾巡行
(前祭)
長刀鉾を先頭に前祭の鉾九基、山十四基が各町を出発し祇園囃子も賑やかに所定のコースを巡行。 祇園祭山鉾
連合会
氏子区内
鬮改 鬮取式に於いて決定した山鉾巡行順位に従い巡行が行われているかを大紋烏帽子着用の奉行(市長)が改める。 清々講社 四条堺町
17日
午後4時
神幸祭 神輿渡御に先立ち本殿にて祭典が行われる。 八坂神社 八坂神社
17日
午後6時
神輿渡御出発式 神輿渡御出発にあたり、石段下にて三基の神輿の差上げが行われる。
その後氏子区域を夫々所定のコースに従い渡御する。
また古例により久世稚児の供奉、宮本組神宝列の供奉がある。
午後9時頃より相次いで四条御旅所に着輿し、後24日迄奉安される。
八坂神社 八坂神社
石段下
~四条御旅所
20日~21日 鉾曳初
山舁初
鉾町の人々は囃子を奏しつつ町内のみ鉾を曳き、各山町の人々は、夫々の町内のみ山を舁く。 各山鉾町 各山鉾町
20日
午後3時
宣状式 花傘巡行に奉仕の馬長稚児、児武者の宣状が交付される。 祇園祭花傘
連合会
八坂神社
21日~23日
夕刻より
宵山(後祭) 14日~16日と同じ。 各山鉾町 各山鉾町
23日
午前9時
煎茶献茶祭 在洛の煎茶道家元の輪番奉仕に依り行われ、祭典後には常磐殿及び常磐新殿に於いて拝服席・副席が設けられる。 八坂神社煎茶会 八坂神社
23日
午後1時
琵琶奉納 琵琶協会の人々により、琵琶の奉納が行われる。 京都琵琶協会 八坂神社
能舞台
23日
午後2時
オハケ清祓式 八坂神社又旅社に於いて還幸祭の神事斎行を控え「オハケ」と称し四隅に斎竹をたてた巾7尺奥行2尺の芝に、3本の御幣がたてられる。 八坂神社 八坂神社
又旅社
23日
午後10時頃
日和神楽 翌日の山鉾巡行の晴天を祈念し、各山鉾町の囃子方が町家から四条御旅所の間を往復する間、祇園囃子を奏する。 各山鉾町 御旅所
24日
午前9時30分
山鉾巡行
(後祭)
橋弁慶山を先頭に後祭の鉾一基、山九基が各町を出て烏丸御池に集結、祇園囃子も賑やかに所定のコースを巡行。 祇園祭山鉾連合会 氏子区内
鬮改 17日山鉾巡行(前祭)と同じ。 清々講社 京都市役所
24日
午前10時
花傘巡行 傘鉾十余基・馬長稚児・児武者等列を整えて、所定のコースを巡行。
本社到着後(正午頃)舞踊などの奉納を行う。
祇園祭花傘
連合会
石段下

市役所前

八坂神社
24日
午後11時頃
還幸祭 午後5時頃四条御旅所を三基の神輿が出発。夫々所定のコースを経て八坂神社又旅社にて祭典後、神輿に灯を入れ午後9時~11時の間に本社に還幸。御神霊を本社に還し祭典執行。久世稚児他供奉は神幸祭に同じ。 八坂神社 四条御旅所
~八坂神社
25日
午前11時
狂言奉納 茂山忠三郎社中の人々に依り行われる。 茂山社中 八坂神社
28日
午前10時
神用水清祓式 10日に同じ 宮本組 宮川(鴨川)堤
28日
午後8時
神輿洗式 10日に同じ 八坂神社
宮本組
清々講社
四条大橋
29日
午後4時
神事済奉告祭 祇園祭の終了を奉告し神恩を感謝する 宮本組 八坂神社
31日
午前10時
疫神社夏越祭 素戔嗚尊が南海に旅をされた時、疫神社の御祭神蘇民将来に手厚くもてなされたことを喜ばれ、疫病流行の際、蘇民将来之子孫は疫病より免れしめると誓約された故事により鳥居に大茅輪を設け、参拝者は之をくぐって厄気を祓い、又「蘇民将来之子孫也」の護符を授かる。 八坂神社 境内疫神社