主な神事・行事

白朮(をけら)祭

白朮(をけら)祭 大晦日 をけら詣りの様子

1月 1日 午前5時

古式にのっとって火きり臼と火きり杵できりだされた御神火は、大晦日の午後7時、除夜祭斎行ののち、宮司以下祭員によって、境内に吊された灯籠にともされ、人びとの願いを記した「をけら木」とともに、夜を徹して(大晦日午後7時半頃~元旦早朝まで)焚かれます。

移した火を消さないように火縄をくるくると回しながらの「をけら詣り」は京都のお正月を代表する風物詩です。持ち帰った「をけら火」を神棚の灯明に灯したり、雑煮を炊く火種に用いるなどして新年を祝います。 燃え残った火縄は「火伏せのお守り」として、台所にお祀りします。

白朮祭は元旦の午前5時に斎行される新年最初の祭典です。 折敷(おしき)13膳に削掛(けずりかけ)と乾燥させた白朮の根を混合して盛り、それに御神火を点じ御本殿正面から境内に向け撤します。

「をけら酒」授与
薬草として珍重される「をけら」を調製した「をけら酒(お屠蘇の一種)」をふるまいます。 一年の幸いを祈りながらお受け下さい。 (大晦日・午後7時半頃~元旦・午前5時頃)

「粥杖」授与 1,000円
産土宝印の守札を、桃の小枝に挟んだもの。 桃には古来より、邪気を祓う力があるとされてきました。 15日の朝、粥杖に挟んであった守札を玄関に貼り、この枝でかき混ぜた小豆粥をそろって食すれば、疫病災難を免れるといわれています。 (お正月の限定授与品です。)

  • をけら火

    をけら火

  • をけら火

    をけら火

  • をけら火

    をけら火

  • 火縄

    火縄