• 八坂神社写真展
  • 八坂神社の御朱印をご紹介いたします。
  • よくあるご質問
  • 常盤新殿
  • 祇園獅子舞研究会会員募集中
  • ボーイスカウト・ガールスカウト募集中

ご参拝・ご祈祷

八坂神社ご祈祷のご案内

八坂神社では霊験あらたかな祇園さんの御蔭をお受けいただくために、特に厄年に当たられる方を始め、家内安全・病気平癒・試験合格・良縁成就・商売繁昌・各種除災安全(移転・入居・旅行・交通・起工)などに関わる一切の厄災を祓い、開運成就を遂げられますよう御祈願を致しております。

【祈祷受付】

本殿西側(正面に向かって左手)の入り口よりご昇殿いただき、本殿内の受付にてお申し込みください。

【受付時間】

通常 午前9時~午後4時30分 但し、祭典や結婚式が本殿にて執り行われている間はご案内致しかねますので、ご参拝日時が決定されましたら、お問い合わせ下さい。

【駐車場】 

常磐新殿駐車場をご利用下さい。受付にて1時間の無料券をお渡しします。(通常1時間 600円)

一般祈祷
家内安全・初宮詣他、諸願の成就開運を祈祷致します。
期間:随時 ご祈祷料:5,000円以上

一週間祈祷
良縁・合格・病気平癒など、一週間毎朝続けてご祈祷を致します。
期間:随時 ご祈祷料:10,000円以上

七五三詣
三才・五才・七才のお子さまの成長と将来の幸福を祈願致します。
期間:10月初旬~11月末 ご祈祷料:5,000円以上

一年祈祷
一年間を通じて、息災開運を祈祷祈願(毎月一日)致します。
期間:正月 ご祈祷料:20,000円以上

新春特別祈祷
新しい年を迎えるにあたり、
神前に御神楽を奉奏して特別に行う祈祷です。
期間:正月 ご祈祷料:20,000円以上

人生儀礼

人の一生には様々な節目があります。その節目に、神様の御前でこれまでの成長に心から感謝の真心を捧げることが、新たな決意と飛躍につながってまいります。

着帯日 妊娠5ヶ月の戌の日に神社に参拝し安産祈願をします。これよりさらし木綿で作った「岩田帯」を締めます。
産湯・産着・産飯 産まれた子はすぐに地元の水で沸かした産湯につかわせ、一つ身のおくるみにくるみ、生後3日目に袖のある産着を着せます。また誕生直後に炊いたご飯を神様にお供えし、お下がりを戴きます。
お七夜祝い 誕生7日目に名前をつけ、お祝いします。
初宮詣 男児は生後32日目、女児は33日目に神社に初めてお参りし、誕生の報告と健やかな成長を祈願します。(赤ちゃんは抵抗力が少ないので、あまり日数には拘らなくてもよいでしょう。)
お食初め 生後100日頃に成人と同じ食膳を据えて、赤ちゃんに食べる真似をさせ、健やかな成長を祈ります。
初節句 生後初めての節句は女児3月3日、男児5月5日で、赤ちゃんの健やかな成長を祝います。
七五三詣 11月15日、3才の男女、5才の男児、7才の女児が神様に成長の感謝とこれからの無事を祈り、お祝いします。一般に3才は「髪置」、5才は「袴着」、7才は「帯解」の儀式といわれています。尚、5才の女児を被初(かづきぞめ)としてお祝いすることもあります。
十三詣 数え年13才になった男女が神社にお参りします。
成人式 1月の第2月曜日に20才になった男女が神社に参り、無事大人の仲間入りをできたことを報告します。
結婚式 数ある人生儀礼の中でももっとも晴れやかな節目です。御神縁によって結ばれた2人が、これから苦楽を共にして明るい家庭を築き、子孫の繁栄をはかることを神様に誓います。
厄年 男性は25才・42才とその前後の年・61才、女性は19才・33才とその前後の年・37才が厄年にあたります。古来より災いが降りかかりやすい年といわれ、厄災が身に降りかからないよう神社で厄祓いをします。また厄年を人生のひとつの区切りと考え、今後の人生の一層の発展を祈願し、お祝いします。
年祝い(算賀) 家族の者が長寿であることほど、おめでたいことはありません。一定の年齢に達すると、これまでの感謝とこれからの無事を祈願し、家族揃ってお祝いをします。名称と年齢は下の表の通りです。

※地方により日数や年齢、お祝いの仕方は異なることがあります。その場合は地方の習慣に従うとよいでしょう。

祝い年表(数え年) 平成29年

男女共 還暦(カンレキ)61才 昭和32年生
古希(コキ)70才 昭和23年生
喜寿(キジュ)77才 昭和16年生
傘寿(サンジュ)80才 昭和13年生
半寿(ハンジュ)81才 昭和12年生
米寿(ベイジュ)88才 昭和 5年生
男女共 卒寿(ソツジュ)90才 昭和 3年生
白寿(ハクジュ)99才 大正 8年生
上寿(ジョウジュ)100才 大正 7年生
茶寿(チャジュ)108才 明治43年生
皇寿(コウジュ)111才 明治40年生

厄年表(数え年) 平成29年

25才 平成 5年生
41才(前厄) 昭和52年生
42才(本厄) 昭和51年生
43才(後厄) 昭和50年生
61才 昭和32年生
19才 平成11年生
32才(前厄) 昭和61年生
33才(本厄) 昭和60年生
34才(後厄) 昭和59年生
37才 昭和56年生

「祇園御霊会祈祷」のご案内

当社では 祇園祭の起こりを鑑み、京の都で約1200年前に御霊鎮めと疫病退散を願い、祈り始まった「祇園祭」を再認識して頂く為に、その精神的起源である「御霊会」の祈祷を行っています。受付は祇園祭期間中で、ご祈願は7月17日から24日の早朝 一週間です。期間中前日より神社に籠った神職がご祈願いたします。
又7月31日祇園祭の納めの祭りである「疫神社夏越祭」では当社宮司が、お申し込み頂いた方々各々の身体健全、厄災除去をご祈願を致します。

【初穂料(8日間祈祷)】
お一人様 1,000円
◆申込は神社までお問い合わせ下さい。

七五三詣のご案内

七五三はお子さまがこれまで大きくなられたことへの感謝とこれからのご成長を願いお祝いをする儀式です。
当社では七五三のお子様はもとより同伴されましたお子様方の健康もご祈願致しております。
どうぞご家族揃ってお参り下さい。
記念品もいろいろ揃えてお待ちしております。(お好きなものからお選びいただけます)

【期間】
10月 初旬~11月末
【御祈祷料】
5,000円 ・8,000円・10,000円

ご参拝の特典

七五三パック
(1)ご祈祷+当日貸し衣装+着付け+写真(1ポーズ) 28,000円 (消費税込み)
(2)ご祈祷+当日貸し衣装+着付け 20,000円 (消費税込み)

御写真割引券

記念写真(八ツ切り)1ポーズ
通常 8,640円(消費税込み)のところ
左記サービス券で500円の割引があります。

お祝ぜんざい券

厄除けぜんざい(お子様お一人様分)
七五三詣のお子様の御祝といたしまして常磐新殿喫茶室にて、おぜんざい(「厄除けぜんざい 」)」 をご用意いたしております。
ご参拝後、お子様を囲まれて皆様でお祝い下さい。 (ぜんざい券のみでのご利用はご遠慮下さい。)

※おぜんざいの接遇は11月のみとなっております