ENGLISH

人生儀礼Ritual

大事な時に、いつも傍に
Enshrinement

八坂神社では、人生の岐路にご神託が得られるよう
様々な行事に合わせてご祈祷・ご祈願いたします。

着帯日
産湯・産着・産飯
お七夜祝い
初宮詣
お食初め
初節句
七五三詣
十三詣
成人式
結婚式
厄年
年祝い
矢印
八坂紋結び 八坂紋結び 八坂紋結び
着帯日
妊娠5ヶ月の戌の日に神社に参拝し安産祈願をします。これよりさらし木綿で作った「岩田帯」を締めます。
着帯日に着ける八坂神社の腹帯 着帯日に着ける八坂神社の腹帯
産湯・産着・産飯

産まれた子はすぐに地元の水で沸かした産湯につかわせ、一つ身のおくるみにくるみ、生後3日目に袖のある産着を着せます。

また誕生直後に炊いたご飯を神様にお供えし、お下がりを戴きます。

産着イラスト
お七夜祝い

誕生7日目に名前をつけ、お祝いします。

お七夜祝いで食べる食事
初宮詣

男児は生後32日目、女児は33日目に神社に初めてお参りし、誕生の奉告と健やかな成長を祈願します。(赤ちゃんは抵抗力が少ないので、あまり日数には拘らなくてもよいでしょう。)

初宮詣で初めて八坂神社にお参りした赤ちゃん 初宮詣で初めて八坂神社にお参りした赤ちゃん
お食初め

生後100日頃に成人と同じ食膳を据えて、赤ちゃんに食べる真似をさせ、健やかな成長を祈ります。

お食初めのお膳 お食初めのお膳
初節句

生後初めての節句は女児3月3日、男児5月5日で、赤ちゃんの健やかな成長を祝います。

桃の節句で飾られる雛人形
七五三詣

3才の男女、5才の男児、7才の女児が神様に成長の感謝とこれからの無事を祈り、お祝いします。
一般に3才は「髪置」、5才は「袴着」、7才は「帯解」の儀式といわれています。
尚、5才の女児を被初(かづきぞめ)としてお祝いすることもあります。

八坂神社の境内で行う七五三 八坂神社の境内で行う七五三
十三詣

数え年13才になった男女が神社にお参りします。

かんざし(髪飾り)
成人式

1月の第2月曜日に20才になった男女が神社に参り、無事大人の仲間
入りをできたことを奉告します。

徳利とおちょこ
結婚式

数ある人生儀礼の中でももっとも晴れやかな節目です。

御神縁によって結ばれた2人が、これから苦楽を共にして明るい家庭を築き、子孫の繁栄をはかることを神様に誓います。

八坂神社の神前式(結婚式) 八坂神社の神前式(結婚式)
厄年

男性は25才・42才・61才とその前後の年、女性は19才・33才・37才とその前後の年が厄年にあたります。

古来より災いが降りかかりやすい年といわれ、厄災が身に降りかからないよう神社で厄祓いをします。

また厄年を人生のひとつの区切りと考え、今後の人生の一層の発展を祈願し、お祝いします。

ご祈祷時に使用する玉串 ご祈祷時に使用する玉串
年祝い(算賀)

家族の者が長寿であることほど、おめでたいことはありません。

一定の年齢に達すると、これまでの感謝とこれからの無事を祈願し、家族揃ってお祝いをします。

名称と年齢は下の表の通りです。

※地方により日数や年齢、お祝いの仕方は異なることがあります。
その場合は地方の習慣に従うとよいでしょう。

祝い年表(数え年)令和3年
還暦(カンレキ)61才昭和36年(1961)生
古希(コキ)70才昭和27年(1952)生
喜寿(キジュ)77才昭和20年(1945)生
傘寿(サンジュ)80才昭和17年(1942)生
半寿(ハンジュ)81才昭和16年(1941)生
米寿(ベイジュ)88才昭和9年(1934)生
卒寿(ソツジュ) 90才昭和7年(1932)生
白寿(ハクジュ)99才大正12年(1923)生
上寿(ジョウジュ)100才大正11年(1922)生
茶寿(チャジュ)108才大正3年(1914)生
皇寿(コウジュ)111才明治44年(1911)生
還暦で着るちゃんちゃんこ

ご祈祷につきまして

本殿にて受付を行っております。
予約はできませんが、本殿にて祭典を行っている場合、
ご祈祷が行えません。
前もってご参拝のお日にちがお分かりでしたら、お電話にてご確認いただくと確実です。

発送祈祷のお申込みも受け付けております。
お申込はフォームかもしくはFAXからお願いいたします。

PAGE TOP